お米Q&A

お米のことなら何でも聞いて!

このコーナーでは、皆さまから寄せられたご質問等を元に、お米に関する様々な情報を発信していきます。
また「便利なレシピ情報」のコーナーでは、お米をおいしく楽しめるレシピをたくさん紹介しています。


「便利なレシピ情報」へ



お米の保管方法は?

ここでは、お米の保管方法についてご紹介いたします。


精米(おこめ)は裸ん坊!!
お米は生鮮食品です。夏場は特に保存方法に気をつけてください。にんじん、ジャガイモ、玉ねぎは料理するときは皮むきという作業が必要なほど丈夫な上着(皮)を着ています。ところが、精米されたお米はいつでも裸ん坊なので外から影響を受けやすくなっています。
お米をとりまく悪い環境
臭い お米は臭いがとってもつきやすいので、洗剤や芳香剤、灯油、臭いの強い食べ物などと一緒に保存しないようにしましょう。また、シンク下は臭う原因になります。

光・熱 夏場の暑い日差しや高温多湿は、鮮度低下が進みやすい環境です。お米に含まれる脂質は、光や熱などの影響によってさらに、酸化が促進されます。

湿気・水分・カビなど 濡れた手で触ったり、温度差による結露(けつろ)などが発生すると、お米にカビが生えやすくなります。 また、夏場の高温多湿は虫の発生の環境をも作り出してしまいます。  ※乾燥によりヒビ割れも生じます。
お宅のお米は今どんな状態ですか?
保存状態をチェックしてみましょう

□ 水がかかる場所ではありませんか?
□ となりに強い臭いを発しているものはありませんか?
□ 近くで火を使ったり、電気製品の放熱でいつでも温かい場所ではありませんか?
□ その場所はいつもジトジト、ジメジメしていませんか?
□ 直射日光が当たっていませんか?
これらの中で1つでも該当していると要注意です!

冷蔵庫での保存が一番!!
では、家の中でお米を保存する場所はどこがよいのでしょうか?  お米の保存方法には、温度10℃以下の冷暗所がいいとされています。  つまり冷蔵庫が一番なのです! お奨めの保存方法をご紹介します。 
1. まず大きめの密閉容器(ペットボトル、タッパー、ジッパー袋など)を用意します。 
2. この容器を洗浄し、完全に乾かした後にお米を詰めます。 
3. 冷蔵室または、野菜室の空いたスペースに入れて保存します。

はじめは手間がかかりますが、密閉した容器に入れておけば、品質の変化が抑えられ、臭いがつくのも防げます。 それに、計量や残りのお米を把握するにも大変便利です。 夏場に限らず、お米の保存はこのような工夫をすると安心です。 ※この状態でも、お早めに食べきってください。
はじめは手間がかかりますが、密閉した容器に入れておけば、品質の変化が抑えられ、臭いがつくのも防げます。 それに、計量や残りのお米を把握するにも大変便利です。 夏場に限らず、お米の保存はこのような工夫をすると安心です。
※この状態でも、お早めに食べきってください。
あくまでも目安ですが、夏場は1ヶ月前後で食べ終える量を買うようにすると、品質が良い状態で食べられます。 みなさん、私のことを良く知って、大事に扱ってね!!

炊き上がったご飯の上手な保存方法は?

ご飯を炊飯器で長時間保存すると、黄ばみや臭いが出たり味が落ちることがあります。
一度で食べ切れる量を目安に炊飯しましょう。
残ったごはんの保存には冷凍保存をお薦めします。
冷凍保存の方法は?

1.温かいうちにラップごはんが温かいうちに、茶碗一杯程度の量をラップやフリーザーパックで薄く平らにしっかり包みます。
 
2.冷ましてから冷凍庫へ充分冷めてから冷凍庫に入れてください。温かいうちに 冷凍庫へ入れると、他の食材に影響がでます。
※冷凍保存期間は1ケ月程度
解凍方法は?

レンジでチン!
お召し上がりの際は、封を開けずに電子レンジで温めましょう。
電子レンジから取り出す時は、やけどにご注意ください。
※冷凍保存したご飯も早めに、お召し上がりください。

お米の炊き方は?

こちらには、いろんな種類のお米のおいしい炊き方をメインに、お米を炊くときのポイントなどの情報が満載です。



炊飯器を使って普通精米をおいしく炊きたいのですが・・・?

1.計量と洗米 お米の計量カップできちんとお米を計ります。
※お米の計量カップは1合当たり約180ccで、重さは約150gです。

お米を入れた容器にたっぷりの水を入れさっとすすいで、水をすぐに捨てます。始めは手早くとぎ、水を流すのがコツで軽く4~5回といでください。
(この過程に時間をかけるとお米がとぎ汁を吸ってしまいヌカ臭くなることがあります。)

 

2.水加減の調整
炊飯器の目盛通りの水加減で炊いてください。2回目以降はお好みに合わせて水加減を調節してください。
※調理器具に目盛りがない場合はお米1合カップの目安約180cc(約150g)に対し、水を約210cc(約210g)の割合です。
お米の重さの1.4倍と言われています。

3.水にひたす(浸漬時間)
30~60分程度水に浸してください。

 

4.炊飯
炊飯器のマニュアルに従ってスイッチを入れてください。

5.むらし
ほとんどの炊飯器は炊飯工程の後にむらしの工程まで含まれています。むらすことでご飯がふっくらとやわらかに仕上がります。この機能がない場合にはスイッチが切れた後そのまま10~15分ほどおいてください。

 

6.ほぐし
炊き上がったら、ご飯をほぐします。
ご飯を炊飯器の底から持ち上げる感じで全体を軽くほぐし、余分な水分を飛ばします。
これでおいしいご飯の出来上がりです。
※ご飯を炊飯器で長時間保存すると黄ばみや臭いが出たり、味が落ちることがあります。一度で食べきれる量を目安に炊飯しましょう。
※保温機能のない炊飯器や残ったご飯の保存には冷凍保存をお薦めします。
※炊飯器の操作や機能については炊飯器の取り扱い説明書をご確認ください。

炊飯器で無洗米をおいしく炊く方法を教えてください。

1.計量と洗米
お米の計量カップできちんとお米を計ります。
※お米の計量カップは1合当たり約180ccで、重さは約150gです。

○精米用の計量カップを使用する場合
・炊飯器に無洗米の目盛りがある場合は目盛り通りに水を入れてください。
・無洗米の目盛りのない場合は白米の目盛りより少し多め。米1合に対し大さじ1~2杯の水をプラスした水加減で調節してください。
※調理器具に目盛りがない場合はお米1合カップの目安約180cc(約150g)に対し、水を約220cc(約220g)の割合です。
お米の重さの1.45倍と言われています。

○無洗米の専用カップを使用する場合はお米の量が調節されますので白米の目盛り通りに水を入れてください。2回目以降はお好みで調節してください。
☆気になる方は軽くサッとすすいでください。

 

2.水にひたす(浸漬時間)
30~60分程度水に浸してください。

3.炊飯
炊飯器のマニュアルに従ってスイッチを入れてください。

 
4.むらし
ほとんどの炊飯器は炊飯工程の後にむらしの工程まで含まれています。
むらすことでご飯がふっくらとやわらかに仕上がります。
この機能がない場合にはスイッチが切れた後そのまま10~15分ほどおいてください。
 

5.ほぐし
炊き上がったら、ご飯をほぐします。
ご飯を炊飯器の底から持ち上げる感じで全体を軽くほぐし、余分な水分を飛ばします。
これでおいしいご飯の出来上がりです。

※ご飯を炊飯器で長時間保存すると黄ばみや臭いが出たり、味が落ちることがあります。一度で食べきれる量を目安に炊飯しましょう。 ※保温機能のない炊飯器や残ったご飯の保存には冷凍保存をお薦めします。
※炊飯器の操作や機能については炊飯器の取り扱い説明書をご確認ください。

炊飯器を使って胚芽精米をおいしく炊きたいのですが?

胚芽米は胚芽部分を残してあるお米ですので、普通精米と比べ見た目は茶色っぽく特有の香ばしい香りや味があります。

1.計量と洗米
お米の計量カップできちんとお米を計ります。 ※お米の計量カップは1合当たり約180ccで、重さは約150gです。

お米を入れた容器にたっぷりの水を入れさっとすすいで、水をすぐに捨てます。始めは手早くとぎ、水を流すのがコツで軽く4~5回といでください。
(この過程に時間をかけるとお米がとぎ汁を吸ってしまいヌカ臭くなることがあります。)

 

2.水加減の調整
炊飯器の目盛通りの水加減で炊いてください。
2回目以降はお好みに合わせて水加減を調節してください。 ※調理器具に目盛りがない場合はお米1合カップの目安約180cc(約150g)に対し、水を約210cc(約210g)の割合です。 お米の重さの1.4倍と言われています。

3.水にひたす(浸漬時間)
30~60分程度水に浸してください。

 

4.炊飯
炊飯器のマニュアルに従ってスイッチを入れてください。

5.むらし
ほとんどの炊飯器は炊飯工程の後にむらしの工程まで含まれています。むらすことでご飯がふっくらとやわらかに仕上がります。この機能がない場合にはスイッチが切れた後そのまま10~15分ほどおいてください。

 

6.ほぐし
炊き上がったら、ご飯をほぐします。
ご飯を炊飯器の底から持ち上げる感じで全体を軽くほぐし、余分な水分を飛ばします。
これでおいしいご飯の出来上がりです。
※ご飯を炊飯器で長時間保存すると黄ばみや臭いが出たり、味が落ちることがあります。一度で食べきれる量を目安に炊飯しましょう。 ※保温機能のない炊飯器や残ったご飯の保存には冷凍保存をお薦めします。
※炊飯器の操作や機能については炊飯器の取り扱い説明書をご確認ください。

炊飯器を使って玄米をおいしく炊きたいのですが?

玄米は昔から健康食として広く知られています。 玄米をおいしく炊くためには以下の手順を参考にしてください。

1.計量と洗米
お米の計量カップできちんとお米を計ります。

お米を入れた容器にたっぷりの水を入れさっとすすいで、水をすぐに捨てます。
始めは手早くとぎ、水を流すのがコツで軽く4~5回といでください。

 

2.水加減の調整
炊飯器の目盛通りの水加減で炊いてください。2回目以降はお好みに合わせて水加減を調節してください。
※調理器具に目盛りがない場合はお米1合カップの目安約180cc(約150g)に対し、水を約240cc(約240g)の割合です。
お米の重さの1.6倍と言われています。

3.水にひたす(浸漬時間)
3~6時間程度水に浸してください。

 

4.炊飯
炊飯器のマニュアルに従ってスイッチを入れてください。

5.むらし
ほとんどの炊飯器は炊飯工程の後にむらしの工程まで含まれています。むらすことでご飯がふっくらとやわらかに仕上がります。この機能がない場合にはスイッチが切れた後そのまま10~15分ほどおいてください。

 

6.ほぐし
炊き上がったら、ご飯をほぐします。
ご飯を炊飯器の底から持ち上げる感じで全体を軽くほぐし、余分な水分を飛ばします。
これでおいしいご飯の出来上がりです。
※ご飯を炊飯器で長時間保存すると黄ばみや臭いが出たり、味が落ちることがあります。一度で食べきれる量を目安に炊飯しましょう。
※保温機能のない炊飯器や残ったご飯の保存には冷凍保存をお薦めします。
※炊飯器の操作や機能については炊飯器の取り扱い説明書をご確認ください。
※また圧力釜も同様に、取り扱い説明書を確認ください。

炊飯器を使ってもち米をおいしく炊きたいのですが?

もち米はもちばかりではなく、お赤飯やおこわ等としても使われます。もち米は炊飯器で炊く方法と、蒸し器で蒸す方法等があります。

炊飯器で炊く方法

1.計量と洗米
お米の計量カップできちんとお米を計ります。
※お米の計量カップは1合当たり約180ccで、重さは約150gです。
お米を入れた容器にたっぷりの水を入れさっとすすいで、水をすぐに捨てます。始めは手早くとぎ、水を流すのがコツで軽く4~5回といでください。

 

2.水加減の調整
お米1合カップの目安約180cc(約150g)に対し、水を約150cc(約150g)の割合です。
お米の重さと同様の水加減と言われています。
おこわ等の際はレシピを確認ください。 (具材の量等により水加減が変わりますので、調整してください。)

3.水にひたす(浸漬時間)
30~60分程度水に浸してください。


 

4.炊飯
炊飯器のマニュアルに従ってスイッチを入れてください。

 

5.むらし
ほとんどの炊飯器は炊飯工程の後にむらしの工程まで含まれています。むらすことでご飯がふっくらとやわらかに仕上がります。この機能がない場合にはスイッチが切れた後そのまま10~15分ほどおいてください。

6.ほぐし
炊き上がったら、ご飯をほぐします。
ご飯を炊飯器の底から持ち上げる感じで全体を軽くほぐし、余分な水分を飛ばします。
これでおいしいご飯の出来上がりです。
※ご飯を炊飯器で長時間保存すると黄ばみや臭いが出たり、味が落ちることがあります。一度で食べきれる量を目安に炊飯しましょう。
※保温機能のない炊飯器や残ったご飯の保存には冷凍保存をお薦めします。
※炊飯器の操作や機能については炊飯器の取り扱い説明書をご確認ください。

 

お餅の作り方<蒸し器を利用する場合>

1.洗米
お米を入れた容器にたっぷりの水を入れさっとすすいで、水をすぐに捨てます。始めは手早くとぎ、水を流すのがコツで軽く4~5回といでください。

2.水にひたす(浸漬時間)
たっぷりの水に6時間以上水に浸してください。

 

3.蒸す
蒸し器に水を入れ沸騰させる。ふきんを敷き、水気を切ったもち米をのせて、表面を平らにならす。
強火で40分ほど蒸す。途中で打ち水をし、食べてみて芯が無くなったら、出来上がり。(やけどに注意!)

 

4.もちにする(臼、杵でつく場合)
つく1時間前に杵・臼をよく洗い、お湯で温めておく。
蒸し上がったもち米を臼にいれ、杵で米粒をつぶす。7割程つぶしたら2人1組になり、「返し」と「つき手」に別れ、お餅をつく。
熱いうちにつき上げることで、おいしいお餅になります。
参考サイト→http://www.usuichi.com/
※はじめての方はこちらを参考にしてください
※餅つき機等でつくる際は取り扱い説明書を確認してください。
※お赤飯、おこわ等もレシピを確認してください。
(具材が加わりますのでご注意を!)