付加価値事業

付加価値商品

木徳神糧のコメ加工食品事業部は、「安全と健康」、そして「おいしさ」をキーワードに、新しいコメの食べ方や、 コメの持つ新しい機能を開発しています。

[ 最先端のバイオテクノロジーを用いて「コメ」ビジネスの未来を開拓します。]




たんぱく質調整米 真粒米(まつぶまい)

木徳神糧はCKD(慢性腎臓病)やPKU(フェニルケトン尿症)の患者さんの食事に役立つお米、たんぱく質調整米を開発しました。 「真粒米」というブランドで、患者食の問屋を通じて、2013年7月から販売を開始しています。

このお米は、独自の技術で、お米のたんぱく質を95%カットしています。お米のたんぱく質を除去した分だけ、肉や魚の良質なたんぱく質を食事で摂取する事が出来ます。

既存のたんぱく質調整米は炊飯するとお米が潰れる傾向がありましたが、「真粒米」は炊飯しても通常のお米のように、粒がしっかりしています。
従って、炊飯米の調理にも適しています。また炊飯したお米を冷凍保存し、電子レンジで解凍しても、食感が殆ど変わらず、普通のご飯のように食べられます。
賞味期限は未開封で6ヶ月、開封後も室温で保存できるので、使い勝手が向上しています。 

「真粒米」はその優れた品質で、多くのユーザーから好評を得ています。
ご利用に際しては、必ず医師・栄養士の指導を受けてください。



「越後シリーズ」等の豊富な「たんぱく質調整商品」を展開

植物性乳酸菌発酵技術を活用した商品がたんぱく質調整「越後」シリーズをはじめとする低たんぱく商品です。 腎不全など腎臓を患った方々は1日に摂取するたんぱく量を制限しなければなりません。その際にコメやパンなどの主食に含まれるたんぱくは食事制限の大変な負担となります。たんぱく質調整「越後」は乳酸発酵によってコメのたんぱく含量を約12.5分の1に低減した商品ですので、普通米飯をたんぱく質調整米に置き換えることができます。

また、機能性だけでなく、食味も優れており、自然な風味と歯ごたえのある食感を保っています。温めるだけの簡便性に優れた「米飯タイプ」、炊きたてを食べられる「米粉タイプ」をご用意し、たんぱく制限をされている方々によりおいしく、より安心な食品をお届けします。職場や旅行先などでも便利に召し上がれる「おかゆタイプ」もございます。さらに、お茶請けとしてお手軽におコメの風味を楽しめる「純米せんべい」も好評発売しています。 

この他にも、植物性乳酸菌発酵熟成法によりたんぱく質を調整した「越後の丸餅」、主原料に「1/12.5越後米粒タイプ」を使用した「米麹みそ」、一般的な焼きおにぎりと比較してたんぱく質を約1/10に低減した「越後の焼きおにぎり」、和菓子シリーズとして串団子や柏餅など、特徴ある商品を展開しています。




「こめしぼり」 が「フード・アクション・ニッポンアワード2010」入賞

米糠から生まれた、こめ油「こめしぼり」は、自然の恵みをいっぱいに受けた「国産」玄米の種皮、果皮、胚芽の栄養を活かした植物油です。 2011年2月1日には、フード・アクション・ニッポンアワード2010のプロダクト部門で入賞するなど高い評価をいただいております。 

さらに、「こめしぼり」は揚げ物、炒めものでの使用はもちろん、ドレッシング、タレ、ソースの調味料としてもご利用いただけます。




高品質で特徴のある米粉シリーズを提案

衛生管理の行き届いたクリーンな環境で気流粉砕、ロール式など多種類の製粉機より製造された高品質で特徴のある米粉(上新粉、もち粉)を用途別にご提案します。

当社の開発室では、これらの特徴ある米粉の広い汎用性を日々研究し、和菓子、米菓向けはもとより、製パン、洋菓子、中華生地向けなどの従来の方式では実現できなかった新しい食感を生み出すため、さまざまな商品への用途開発を行い製品サンプルやレシピ提案などをします。